第38回東職ランチョンセミナー「ハラスメントを見たら、聞いたら、受けたら」【終了しました】

2019年2/13(水) 12:10~13:00(開場11:30)
講師:弁護士 新村響子氏(東京弁護士会 旬報法律事務所)

会場:(仮)工学部3号館31講義室(100円ローソンから見える講義室です)

無料・予約不要・弁当持参可・入退室自由・開場11:30~

ハラスメントって、どんな行為?ハラスメントを見たら受けたら、どうする?多くのパワハラ問題に取り組む新村弁護士から話を聞いてみよう

主催:東京大学教職員組合、共催:工学部教職員組合
Tel・Fax:03-5841-7971 E-Mail:syokikyoku@tousyoku.org  http://tousyoku.org/

チラシダウンロード:2019.2ランチョンセミナー

Judicial incompetence turning Japan into terrorists’ paradise

UTokyo staff union + Greater Tokyo parttime university lecturers union November 2018

The general public living on the archipelago of the rising sun is a far more normal people than they have long been internationally reputed in association with Samurai, Harakiri, Kamikaze, and Yakuza. Certainly, an overwhelming majority of Japan’s resident nationals were duly shocked and disenchanted when the district attorney in charge decided not to prosecute Masato Uchida, the former senior executive board member at Nihon University, the largest private university in Japan, who had also been the Fuhrer of the university’s football team and had persuaded one of his team members into physically terrorist-attacking an opponent player during an official match. The appalling act of terrorism, where the attacker brutally headbutted with his helmet on straight into the lower back of the victim who was thrown high up in the air, has been broadcast and shared to incite national outrage.
続きを読む

Protest against Japanese legal injustice and judicial sexism

Protest against Japanese legal injustice and judicial sexism

UTokyo staff union November 2018

The Japanese legal justice system has long been internationally notorious for its characteristic inactivism and ostensible neutralism. Non-intervention to private contractual affairs might sound benign, yet effectively sides with the bullies by refusing to protect the victims. Such judicial absenteeism deprives the Japanese society of law and order, benefiting the powerful, the wealthy, the unethical, and the hateful, by neglecting the rights and the interests of the poor, the powerless, the honest, and the disadvantaged.
続きを読む

日大アメフト部 内田前監督・井上前コーチ 依怙贔屓不起訴に関する声明

今般の日大アメフト部内田前監督・井上前コーチに対する不起訴処分は、我が国司法の国際的にも悪名高き弊習であるところの「消極司法」「不介入主義」の典型例と言わざるを得ません。

言うまでもなく我々国民世論は、刑事司法の鉄則であるところの「疑わしきは罰せず」に異を唱えるものではありません。むしろ、斯くまでも不可侵の鉄則なればこそ、万人に平等に適用されるべきであり、その適否に依怙贔屓があってはなりません。
続きを読む

【終了】ろうきん相談会12/14(金)12:30~13:30

東職書記局にて、教育ローン、カードローン、住宅ローンなど、個別にご相談いただけます。

ご予約は書記局まで。

メール:syokikyoku@tousyoku.org  電話:03-5841-7971

当日でも、空いていれば、ご相談いただけます。

【締め切りました】ちひろカレンダー2019のご案内

今年も恒例の「ちひろカレンダー」の予約受付を開始いたします。
書店等でご購入されるより、消費税分がお得になるうえ、一部は東職への
カンパになります。

壁掛け用の大判のカレンダーと机上版のカレンダーの2種類があります。

ご自身のために、お友達へのプレゼントに、また組合員拡大の一環として
ご活用いただけますよう、お願いいたします。

◦壁掛け用(A2版)       1本1,400円
◦机上版ポストカードカレンダー   1,800円(木製スタンド付き)
1,200円(カレンダーのみ)

お申込みは、東職書記局まで、お名前、種類、数、連絡先をお知らせください。

なお、第1次締め切りは、11月30日(金)とさせていただきます。

第2次締切は12月10日(月)午前中までとさせていただきます。

東職書記局 メール:syokikyoku@tousyoku.org 電話:03-5841-7971

ひまわり287号発行

ひまわり287号

東職女性部の会報「ひまわり」287号が発行されました。大学本部からの回答をもとに、東京大学の男女共同参画基本データを(少しずつ)公開しています。今号では、育児休業取得人数と出産時の休暇制度についてです。(2018年11月15日)

高知県立大学における有期雇用職員雇い止め裁判に対する声明

高知県立大学における有期雇用職員雇い止め裁判に対する声明

 今般の雇止めに関する不当判決は、我が国司法の国際的にも悪名高き弊習であるところの「消極司法」「不介入主義」の典型例と言わざるを得ません。

 消極司法とは、私人(法人を含む)間の契約・取引等の関係は原則、私人同士の自由意思を尊重し、司法当局等による公的介入は最小限に抑える、という意味での不介入主義を指します。一見合理的・効率的かのように響きますが、実はこれは「喧嘩を仲裁しない」のと全く同じです。相対的に強い側や、反則を犯す不法な側を結果的に利し、相対的弱者や正直者が馬鹿を見る、法治とは程遠い無法な世の中を招致する愚策に他なりません。
続きを読む

【終了】企画展「戦没学生と文芸」わだつみの声記念館

企画展「戦没学生と文芸」のご案内

期 間  2018年11月5日(月)~12月8日(土)
月・水・金・土・祝 午後1時~4時
会 場    わだつみのこえ記念館 展示室   無料
このたびの企画展では、わだつみのこえ記念館が収集した遺稿から、常設展では展示していないものを中心に、戦争の時代を生き、あるいは戦場に身を置いた体験を結晶させた文芸・芸術作品を取りあげます。遺されたことばから、若者たちの喜び、嘆き、怒り、悲しみをくみとって、その短かった青春を追想、追悼していただけたらと思います。平和の世であれば、彼らの才能はどんなにか大きな実を結べたことでしょう。
皆さまのご来館をお待ちしております。
展示遺稿(敬称略)
井上 淳/池田 浩平/稲垣 光夫/奥村 克郎/加田 勉/北川 智/ 久保 恵男/佐々木 八郎/関口 清/田辺 利宏/中尾 武徳/
蜂谷  博史/林 尹夫/原 亮/松永 茂雄/松永 龍樹/柳田 陽一/
山隅  観/鷲尾 克巳/渡辺 直己
認定NPO法人 わだつみのこえ記念館
〒113-0033 東京都文京区本郷5-29-13 赤門アビタシオン1階
電話・FAX 03-3815-8571 e-mail info@wadatsuminokoe.org
ホームページ http:www.wadatsuminokoe.org/ twitter @wadatsumi_info
★企画展「戦没学生と文芸」の図録を販売しております。来館の折に、あるいは郵送もいたしますので、ぜひお求めください。
頒価 500円(別途送料100円) メール・電話でご連絡下されば振替用紙を入れてお送り致します。
★★「12・1 不戦の集い 2018年」★★
日 時 12月1日 午後2時~4時(開場1時30分)
場 所 中央大学駿河台記念館 420号室
◆記録映画「学徒出陣」(文部省編・日本映画社 1943年)上映
講 演 田中伸尚 演題(未定) 参加費1000円(学生・シニア割引あり)

【終了】クリスマスリース&お正月飾り 12/19(水)

手作り体験を楽しもう お正月仕様にもできます

2018年12月19日(水)
 18:00~19:30(開場17:45)
講師:コトハナム主宰・田村恭子
材料代:2,000円
定員:20名程度
(E-mail・電話にて受付・東京大学教職員組合員優先)
会場:東京大学教職員組合組合室 本郷キャンパス生協第2食堂3階
申込み締切り:12月14日(金)
申込み先:東職書記局
Tel-Fax:03-5841-7971
E-mail:syokikyoku@tousyoku.org
講習終了後に、講師を囲んでの茶話会を予定しております。参加ご希望の方は、お申し込み時にお知らせください。参加費は300円です。
主催:東京大学教職員組合女性部

2018リース作りチラシ