Stop!! 雇止め。その雇止めには「解雇相当事由」がありますか?

「解雇相当事由」なければ、デフォルト(当然のことながら)更新です!

「総合的判断」により本人の意に反する契約不更新(いわゆる雇止め)を強行することは、昨年12月に発表された全学方針の下、許容されておりません。
学内各所を巡回して行われている本部人事による説明会において、本部側は特に次の2点について強調しています。
(1) 契約期間満了者(通常ですと年度末)については、先ず雇用者(部局人事など)側から、本人の更新・継続希望を確認すること。
(2) 本人が更新・継続を希望しているにも拘らず、その意に反し不更新(雇止め)を行うのは、「解雇相当事由」に限ること。

上記補足の本部説明
*解雇相当事由に限り雇止めというのは、法人化後採用者も法人化前採用者と同じ扱いにすること!
*「解雇相当事由」は予算の有無ではなく、「業務の縮減・消滅」。
*予算については個別研究室でなく、部局全体など大きな単位で継続雇用予算を!
有期雇用教職員におかれましては、ご自身の処遇に気になることがありましたら、東京大学教職員組合(東職)へのご一報と、ご加入をお勧めします。
東京大学教職員組合 Tel・Fax:03-5841-7971
syokikyoku@tousyoku.org
チラシの配布にご協力ください⇒stop雇止め
・・・
これまでの「雇止め」に関する記事はこちらをご覧ください
◎【速報】東京大学雇用上限5年撤廃!
◎2/14 無期転換逃れ目的の有期雇用スタッフ[雇い止め]にストップを!院内集会 <2>国立大学の有期雇用職員雇い止め-その後の状況-
◎12/19厚生労働省にて記者会見
◎11/9学内のすべての有期雇用教職員の皆様、および各部局の人事・採用担当者の皆様へ大至急お知らせ!
◎12/4ストップ!国立大学有期雇用職員大量雇止め=すべての国立大学での「無期転換ルール」適正実施を求める緊急院内集会=
動画東京大学 基調報告(無期雇用転換手前の雇い止めの危機が迫る大学)資料 2017.12.4

2018年3/31までに雇用期限のくる有期雇用の皆さん  更新手続きは済んでいますか?

2018年3/31までに雇用期限のくる有期雇用の皆さん
○更新手続きは済んでいますか?
各部局、研究室の上司・人事から、
○更新希望調査書(に類するもの)の提出を求められていますか?
○無期雇用転換権発生の説明
がありましたか?
すべての有期雇用教職員に対する5年上限と6ヶ月クーリングを東京大学は完全撤廃しました。無期転換への道が現実のものになりました。

「退職予告通知」が届いたり、
「任期満了で退職です」と言われたら東職へ!

有期雇用教職員におかれましては、ご自身の処遇に気になることがありましたら、東京大学教職員組合(東職)へのご一報と、ご加入をお勧めします。
Tel・Fax:03-5841-7971 E-mail:syokikyoku@tousyoku.org

チラシ配布・周知にご協力ください⇒もう時間がない!

【終了】3/16(金)12:30~13:30ろうきん相談会

 

 

 

3月のろうきん相談会 3月のご案内 中央ろうきん
日時:3月16日(金) 12:30~13:30
場所:東職書記局(生協第二食堂建物3階)
カード点検運動実施中です。見直しポイントは3つ
・「3回以上の分割払い」「リボ払い」で返済している。
・金利・手数料を「気にしたことがない」「知らない」
・複数社から借入がある。
“他行・他社からの借換え”をご提案します!

【終了】3/13(火)18:30~ 2017年度「ご退職者感謝の会」


続きを読む

【終了】3/13(火)17:30~ 東職OBOG会第1回交流会

[仮称]東京大学教職員組合OBOG会が発足しました。

続きを読む

【終了】2/26(月)18:00~ 読書会


続きを読む

【終了】2/23(金)13:00~13:50 農学部の教職員の方は部局説明会へご参加ください

農職からのお誘い案内⇒「今週金曜日は何の日?」農職ビラ

続きを読む

【終了】2/14(水)16:00~18:00 無期転換逃れ目的の有期雇用スタッフ[雇い止め]にストップを!院内集会

会場:参議院議員会館B109会議室 チラシは⇒2018.2.14院内集会

続きを読む

かわら版(単組・部会より新年のご挨拶)2018‐1号(2018/1/24)が発行されました

全文をダウンロードできます⇒「かわら版」新年号2018-1

   

働きがいのある職場と平和で開かれた社会の実現を
今年もよろしくお願いいたします

-東京大学教職員組合2017年度執行部一同
続きを読む

「ひまわり」286号(2018/1/17)が発行されました!

全文はこちらです⇒ひまわり286号

東京大学はすべての有期雇用教職員に対する5年上限と6ヶ月クーリングをついに完全撤廃!

新しい年を迎えました。近年冬将軍の力が侮れず、寒さ厳しい毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。2018年初めてのひまわりをお届けいたします。
みなさまご存知のように、時は2017年12月半ば、冒頭のような見出しが紙面(私は四国の某夕刊紙でも見つけました)をにぎわせました。このたびのホットな話題に関連いたしまして、本ひまわりにご寄稿いただきましたことを心より感謝申しあげます。

「雇止め撤廃と差別について」 
 短時間勤務職員部会 東 史(ひがしふみ)
続きを読む