その他」カテゴリーアーカイブ

ろうきん相談会8月23日(金)12:30~13:30

ダウンロード:こちら東京A3チラシ

次回ろうきん相談会は8月23(金)日12:30~13:30です。
ご希望の方は書記局までお申し込みください。

東京大学教職員組合/
東京都文京区本郷7-3-1 生協第2食堂3階
Tel・Fax:03-5841-7971
E-Mail:syokikyoku@tousyoku.org

映画『新聞記者』

5月9日に東京新聞の望月衣塑子記者に来ていただき、「国民の知る権利とメディア」をテーマに講演会を行いました。
その望月さんの著書「新聞記者」をもとにした映画が6月28日より全国で公開されています。http://shimbunkisha.jp/

権力を監視するはずのメディアが、権力に監視され操られる国民のために仕事をするはずの国家公務員が、という実態をドラマにより描いた力作です。
お見逃しなく!

第129回東職定期総会のお知らせ

第129回東職定期総会懇親会

日時:2019年7月6日(土)16:30~
会場:生協第2食堂
会費:1,500円

総会には出席されない皆さまの、懇親会のみのご参加も大歓迎です。
6/28日(金)までに、書記局へお知らせください。
普段はなかなか、お顔を合わせることの無い皆様と交流できる、数少ない機会で
す。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

第189回総会議案書

http://tousyoku.main.jp/inside/2019年(H31R1)度/第129回東職総会議案書.pdf

農学部のハスが見ごろです

かわら版2019‐3「忘れてた!組合に入らなきゃ!」が発行されました

←おもて面は連休の減収対応、労働条件通知書学習会。↓うら面はろうきん、社販マーケットのご案内です。組合に入ると、いろいろいいことあります。

 

東職読書会7/4(火)18:00~『安倍官邸vs.NHK : 森友事件をスクープした私が辞めた理由』

月に1回、読書会を開いています。
初めての方も歓迎です。

相澤冬樹 著
『安倍官邸vs.NHK : 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋 , 2018)

日時:7 月4日(木)18:00~
会場:東京大学教職員組合 組合室[東職書記局]
本郷キャンパス生協第二食堂3階奥
問合せ:03-5841-7971 東職書記局

東大新聞のこちらの記事、東職も取材を受けました。

東大に採用を白紙撤回された宮川剛教授の思い 「採用手続きの改善を」

 2017年、一度東大から採用を通知された宮川剛教授(藤田医科大学)が、自身が提案した兼任方法を問題とされ、採用を一方的に取り消された。東大と宮川教授は約2年の裁判を経て18年12月に和解したが、東大の労働問題への意識の低さという根本的な問題の解決には至っていないという。宮川教授や東大教職員組合の話などから、今回の問題の経過、東大の体質に迫った。

(取材・中井健太)

続きはこちらより http://www.todaishimbun.org/miyakawa20190529/

即位日等休日法(4/30,5/1,5/2,10/22)による減収対応を要望するメッセージをお願いします。

「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」により、今年度(2019年度)は4/30,5/1,5/2,10/22が休日となりました。

これにより、時間給や日給で勤務する非常勤職員は、勤務日が減り、賃金が減収となってしまいます。

厚労省HPにある「本年4月27日から5月6日までの10連休に関してよくある御質問について」Q&Aには、「賃金の減収を生じないようにすることが望ましいことはいうまでもありません。」と記載されています。

また、政府方針として、「時給や日給で働く労働者の収入が減ることに備えて、雇用主に対し、有給休暇としたり、臨時の手当を出したりするなど、適切な配慮を呼びかける」と報道されています。

東京大学教職員組合は、即位日等休日法によって祝日となる4日間について、減収とならない特段の措置を講じることを求めます。
ご賛同のメッセージをお願いします。

東京大学教職員組合・東京大学教職員組合短時間勤務職員部会

 

即位日等休日法による減収対応を要望するメッセージ←こちらのフォームからご送信ください。

ろうきん相談会6/7(金)12:30~

東職組合員のみなさまへ
東職書記局にて、教育ローン、カードローン、住宅ローンなど、個別にご相談いただけます。
ご予約は書記局まで。
メール:syokikyoku@tousyoku.org
電話:03-5841-7971
予約いただいた方優先ですが、当日でも、空いていれば、ご相談いただけます。
ろうきんhttps://all.rokin.or.jp/

【終了】知らないと損をするかも? 労働条件通知書学習会5/17(金)18:30~(本郷・東職組合室)

労働条件通知書、もらいました?

たぶん、パートや有期雇用の方は、全員もれなくもらっているはず。もらっていなかったら、大学側の「労基法」違反になりますので。ぜひ職員組合にご一報を♪

これ、労基法に基づいて、会社が正規職員からアルバイターまで、雇っている人全員に「原則」出さねばならないものなのです。

「あれ?わたし、もらってない」という方。正規職員なら、たぶんもらってません。

と、いうのも、ごくはしょって言えば、正規職員の場合、就業規則がその代わりになっております。先に「原則」という言葉を使ったのは、ここなのです。

「原則」とついているのは、「出さなくてもよい」という意味ではなく、「通知書という形をとらなくてもよい」という意味であり、会社が雇うものに何らかの形で明示しなくてはならない、ということが労基法で定められているのです。

ちなみに、「労働条件通知書」の中身が「就業規則」よりも悪い条件だったら、それは「アウト」。就業規則の方に合わせて直さなければ、会社側がアウトです!!(だって、労働契約法第12条にそう書いてありますもん!)

もっというと、逆のパターンで「労働条件通知書」の中身が「就業規則」よりもいい条件だったら、「労働条件通知書」の方を会社は遵守しなくてはいけません♪(だから、その場合はやとわれ側はだまってありがたく頂戴しましょう♪)

もっと知りたい!という方へ。労働条件通知書の勉強会を開きますので、ぜひご参加ください♪

お申込みは東職書記局(TEL:03-5841-7971内線27971)まで

・・・・・知らないと損するかも? 労働条件通知書学習会・・・・・

講師:平井康太(弁護士)
第二東京弁護士会、東京法律事務所、日本労働弁護団など所属。
労働者側で労働事件・労働問題に取り組んでいる(理研雇止め事件等)。

2019年5月17日(金) 18:30~
東京大学教職員 組合室 本郷キャンパス 生協第2食堂3階
参加費:組合員・学生 無料 それ以外の方 500円
学習会終了後、残れる方は懇親会しましょう。懇親会:千円程度(申込締切5月15日)

労働条件通知書学習会チラシ