その他」カテゴリーアーカイブ

東大の非常勤講師(東京大学新聞)

東京大学新聞で東大非常勤講師の待遇についての特集が2回にわたり組まれました。

里見理事、首都圏大学非常勤講師組合、東職が取材を受け、待遇の変遷や、待遇改善の経緯、そして今後の課題も掲載されました。

ぜひお読みください。

世界最高水準の教育にふさわしい制度を 非常勤講師の「働き方改革」【東大の非常勤講師㊤】
http://www.todaishimbun.org/part-time_teacher_first_20191007/ …

待遇改善の道半ば 非常勤講師雇用今年から制度変更 常勤との格差課題【東大の非常勤講師㊦】

11/1(金)講演会「表現・報道の自由とメディアの今」メディアの危機=民主主義の危機

日時:2019年11月1日(金)18:30~20:45
講師:永田浩三(武蔵大学社会学部メディア社会学科教授)

工学部2号館221講義室(予定→確定しました)にて。

東京大学教職員組合、戦争法廃止を目指す東大有志の会、UT-CAS主催
東京大学工学部教職員組合共催

11.1講演会チラシ

最近、官邸の意向を受けた文化庁が「あいちトリエンナーレ2019」に一旦交付した補助金を取り消すなど、政権の考えに批判的な表現・言論活動に対する政治の介入、市民の自由な表現活動を抑圧する行為は目に余るものになっている。しかし日本のマスメディアは嫌韓をあおる一方で、政権に不都合な重大問題は追求しないというように、権力への迎合と忖度は著しく、2019年の世界報道自由度ランキングは67位となった(2010年鳩山政権時は11位)。
危機に瀕する日本のメディアのあり方を、憲法で保障されている表現と報道の自由の観点から考える。

「表現の不自由展 その後 中止事件を考える」10/30(水)近隣の催しです。

近隣の催しです。

芸術と憲法を考える連続講座第21回
「表現の不自由展 その後 中止事件を考える」

10月30日(水)18:30~
東京藝大音楽部5-109
主催 自由と平和のための藝大有志の会

今年の夏、あいちトリエンナーレで起きた事件について、関係者や専門家を交え、ともに考えます。大浦信行(出品作家)、嶋田美子(出品作家)、岡本有佳(不自由展実行委員、編集者)、川島素晴(作曲家)、山田健太(日本ペンクラブ専務理事)、権詳海(東京藝大大学院国際芸術創造研究科博士課程在学中)、武居利史(府中市美術館学芸員)。

チラシ

かわら版2019-5号(感謝状贈呈制度について)を発行しました

レスキュースリー(交通災害共済)のご案内

自転車事故での多額の賠償責任が問われる中、条例で自転車保険への加入を義務付ける自治体が全国に広がっています。
東京都も、自転車保険の加入を義務付ける条例が準備されており、条例の審議を経
て来春には施行される予定です。
こうした状況をふまえ、教職員共済として教職員とその家族の方に自転車保険にも
対応したレスキュースリー(交通災害共済)の普及を勧めています。

レスキュースリー(交通災害共済)パンフ表紙-1

東京都自転車条例改正(案) IMG_20190819_0001-1
とのことで、教職員共済より、レスキュースリー(交通災害共済)のパンフレットがとどきました。部数が限られておりますので、必要な方は書記局まで。

東職読書会10月17日(木)18:00~

月に1回、読書会を開いています。
初めての方も歓迎です。

相澤冬樹 著
『安倍官邸vs.NHK : 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋 , 2018)

日時:10月17日(木)18:00~
会場:東京大学教職員組合 組合室[東職書記局]
本郷キャンパス生協第二食堂3階奥
問合せ:03-5841-7971 東職書記局

第19回東職シネマカフェ11/22(金)『非正規に尊厳を!メトロレディーブルース総集編』

第19回東職シネマカフェ
『非正規に尊厳を!メトロレディーブルース総集編』
(2019年3月製作/55分/DVD/ビデオプレス制作)

続きを読む

第22回安心して働きたい東京のつどい

なくせ!ハラスメント
めざせ!最賃1500円
実現しよう!均等待遇

とき 10月11日(金)18時35分~20時30分
ところ 江東区総合区民センター
(江東区大島4-5-1 03-3637-2261)
プログラム
◎講演「ハラスメントノナイ職場にむけて~働き方改革の中で」(仮題)
講師 竹信三恵子氏(和光大学名誉教授)
主催 安心して働きたい10.11東京のつどい実行委員会
東京地評/豊島区南大塚2-33-10東京労働会館6階 http://www.chihyo.jp/

<研究者目指したけれど…大学非常勤講師らの嘆き> (番外編)新ルール導入、道開く【東京新聞2019.8.26】

非常勤講師の待遇について東京新聞から取材を受けました。

<研究者目指したけれど…大学非常勤講師らの嘆き> (番外編)新ルール導入、道開く
高い学歴を持ちながら、不安定な立場に甘んじている大学の非常勤講師。七月に「研究者目指したけれど」と題し、窮状を二回にわたって連載したところ、同じ境遇に苦しむ人たちから大きな反響があった。一方、かすかに変化の兆しも。組合が大学側と団交を重ねて待遇改善を勝ち取った例や、期間の定めのない雇用への転換が進んでいる例を見る。 (細川暁子)   東京新聞2019.8.26
↓続きはこちらから
https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201908/CK2019082602000166.html

性格の違いを知って 職場の人間関係を見直そう(終了)

エニアグラムミニ講座
性格タイプの違いを知って 職場の人間関係を見直そう*終了しました

 201993日(火) 18:30~20:00
会場:東京大学教職員組合 組合室
参加費:1000円(組合員優先・要予約・お茶と軽食つき)→空きがありますので、組合・東大以外の方もお申込みいただけます。
定員:15名 続きを読む