その他」カテゴリーアーカイブ

性格タイプの違いを知って 職場の人間関係を見直そう

=東職の組合員優先企画です=
エニアグラムミニ講座
性格タイプの違いを知って 職場の人間関係を見直そう

 201993日(火) 18:30~20:00
会場:東京大学教職員組合 組合室
参加費:1000円(組合員優先・要予約・お茶と軽食つき)
定員:15名

十人十色といいますが、人はそれぞれ、考え方も、表現も全く違います。
考え方がどうしても合わない、どうしても伝わらない…など、人間関係で悩んでいる方は、多いのではないでしょうか。
けれども、自分や他人の性格に気づき、相手との違いを知れば、相手の見方が変わります。多様な考え方があることを知れば、相手を受けとめやすくなります。マイナスだったものをプラスにとらえれば、自分や相手の良いところを引き出すこともできるかもしれません。

エニアグラムという性格診断ツールを用いて、人間関係向上のヒントを探る茶話会を開きます。

申込先:東京大学教職員組合書記局
締切:9/2(月)ですが当日でも空きがあれば可
メール syokikyoku@tousyoku.org
電話 03-5841-7971 (内線27971)
主催 東職・東職書記局

ろうきん相談会8月23日(金)12:30~13:30

ダウンロード:こちら東京A3チラシ

次回ろうきん相談会は8月23(金)日12:30~13:30です。
ご希望の方は書記局までお申し込みください。

東京大学教職員組合/
東京都文京区本郷7-3-1 生協第2食堂3階
Tel・Fax:03-5841-7971
E-Mail:syokikyoku@tousyoku.org

映画『新聞記者』

5月9日に東京新聞の望月衣塑子記者に来ていただき、「国民の知る権利とメディア」をテーマに講演会を行いました。
その望月さんの著書「新聞記者」をもとにした映画が6月28日より全国で公開されています。http://shimbunkisha.jp/

権力を監視するはずのメディアが、なぜか権力に監視され操られる。国民のために仕事をするはずの公務員が、なぜか権力者のために仕事をさせられる。世の中は、なぜこれほどサスペンスでミステリーなのでしょうか。

普段見えない裏側を、ドラマで描いた力作です。幽霊の正体見たり枯れ尾花。知らないで怖がるよりは、知ったほうがいい。お見逃しなく。

完熟梨直売!!【本郷】 8/21(水)8/23(金)要ご予約

 

 

 

 

 

通常市販のものは「青取り」と言われる、熟す前に収穫されたものですが、お届けするのは「完熟」梨。是非ご賞味ください。
完熟梨の賞味期限は、室内では購入日を含めて三日、冷蔵庫で一週間程度です。

◎販売価格:1袋1,000円(1.5kg前後/3~4個入り)
◎予約受付期間:8/21に受け渡しの締切  8/19(月)
         8/23に受け渡しの締切  8/21(水)
◎受渡し日時:8/21(水) または 8/23(金)1418時 *代金引換
◎受渡し場所:東京大学教職員組合書記局 本郷キャンパス生協第2食堂3階奥の3号室

申し込み方法 メール・FAX・TEL (TEL8/1116を除く10時~18)で下記をお知らせ下さい。
①受渡し場所と希望日 本郷  8月 21日 ・ 23日 (←どちらか)
②注文数 梨(   )袋
③お名前と所属(学内の方は所属、学外の方は住所)
④連絡先(日中に連絡可能な電話番号)

第129回東職定期総会のお知らせ

第129回東職定期総会懇親会

日時:2019年7月6日(土)16:30~
会場:生協第2食堂
会費:1,500円

総会には出席されない皆さまの、懇親会のみのご参加も大歓迎です。
6/28日(金)までに、書記局へお知らせください。
普段はなかなか、お顔を合わせることの無い皆様と交流できる、数少ない機会で
す。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

第189回総会議案書

http://tousyoku.main.jp/inside/2019年(H31R1)度/第129回東職総会議案書.pdf

農学部のハスが見ごろです

かわら版2019‐3「忘れてた!組合に入らなきゃ!」が発行されました

←おもて面は連休の減収対応、労働条件通知書学習会。↓うら面はろうきん、社販マーケットのご案内です。組合に入ると、いろいろいいことあります。

 

東職読書会7/4(火)18:00~『安倍官邸vs.NHK : 森友事件をスクープした私が辞めた理由』

月に1回、読書会を開いています。
初めての方も歓迎です。

相澤冬樹 著
『安倍官邸vs.NHK : 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋 , 2018)

日時:7 月4日(木)18:00~
会場:東京大学教職員組合 組合室[東職書記局]
本郷キャンパス生協第二食堂3階奥
問合せ:03-5841-7971 東職書記局

東大新聞のこちらの記事、東職も取材を受けました。

東大に採用を白紙撤回された宮川剛教授の思い 「採用手続きの改善を」

 2017年、一度東大から採用を通知された宮川剛教授(藤田医科大学)が、自身が提案した兼任方法を問題とされ、採用を一方的に取り消された。東大と宮川教授は約2年の裁判を経て18年12月に和解したが、東大の労働問題への意識の低さという根本的な問題の解決には至っていないという。宮川教授や東大教職員組合の話などから、今回の問題の経過、東大の体質に迫った。

(取材・中井健太)

続きはこちらより http://www.todaishimbun.org/miyakawa20190529/

即位日等休日法(4/30,5/1,5/2,10/22)による減収対応を要望するメッセージをお願いします。

「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」により、今年度(2019年度)は4/30,5/1,5/2,10/22が休日となりました。

これにより、時間給や日給で勤務する非常勤職員は、勤務日が減り、賃金が減収となってしまいます。

厚労省HPにある「本年4月27日から5月6日までの10連休に関してよくある御質問について」Q&Aには、「賃金の減収を生じないようにすることが望ましいことはいうまでもありません。」と記載されています。

また、政府方針として、「時給や日給で働く労働者の収入が減ることに備えて、雇用主に対し、有給休暇としたり、臨時の手当を出したりするなど、適切な配慮を呼びかける」と報道されています。

東京大学教職員組合は、即位日等休日法によって祝日となる4日間について、減収とならない特段の措置を講じることを求めます。
ご賛同のメッセージをお願いします。

東京大学教職員組合・東京大学教職員組合短時間勤務職員部会

 

即位日等休日法による減収対応を要望するメッセージ←こちらのフォームからご送信ください。