史料編纂所教職員組合主催・東京大学教職員組合共催「思想と信条の自由を守る2.11集会」~国立大学法人法「改正」問題とそれに対する対抗戦略の検討~

昨年末、大規模国立大学に「運営方針会議」の設置を義務付けることなどを定めた国立大学法人法の「改正」案が提出され、大学の自主性を損なうものであるとの懸念・反対にもかかわらず、十分な議論がなされないまま可決・成立しました。
こうした動きは、近年本集会で取り上げてきた日本学術会議の任命拒否問題とも軌を一にする、政府による大学・学問への不当な介入であるといえます。
そこで今年度の「思想と信条の自由を守る2.11集会」では、本問題に関して積極的な発言を続けておられる隠岐さや香さんをお招きし、現状と今後の方策について議論したいと思います。
皆さんの積極的なご参加をお待ちしております。

【講師】隠岐さや香氏
【題目】国立大学法人法「改正」問題とそれに対する対抗戦略の検討
【日時】2024年2月15日(木)12時~13時
【会場】Zoomによるオンライン開催
【参加申込方法】
下記URLよりお申し込み下さい(当日直前まで申し込み可能です)
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tZIqc–trzoqHN0DBRK4HM101ioigUjV_F8U

【講師プロフィール】
1975年生まれ。2005年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学。広島大学大学院総合科学研究科准教授・名古屋大学大学院経済学研究科教授などを経て、2022年より東京大学大学院教育学系研究科教授。専門は高等教育・研究に関する制度史・科学思想史。著書に『「役に立たない」研究の未来』(分担執筆、柏書房、2021年)、『文系と理系はなぜ分かれたか』(星海社、2018年)、『科学アカデミーと「有用な科学」ーフォントネルの夢からコンドルセのユートピアへ』(名古屋大学出版会、2011年)など。