カテゴリ: 軍学共同・軍事研究

【終了】2/4(土)11:30~12:30 軍学共同反対—-大学の危機突破:学術会議前大要請行動(リレートーク・スタンディング)

都大教からのからのお知らせです。
続きを読む

【終了】1/31(火)第28回東職ランチョンセミナー「進む軍産複合体 ~取り込まれる大学、研究者たち」講師:望月 衣塑子氏

無料・予約不要・弁当持参可・昼休みを有効に使う勉強会!
第28回東職ランチョンセミナー チラシはコチラ 第28回案内

進む軍産複合体~取り込まれる大学、研究者たち
デュアルユースの罠、安全保障技術研究推進制度をめぐって

2017年1月31日(火)%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%b3
12:10~13:00(開場11:30)
講師:望月 衣塑子氏(東京新聞記者)
続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュースレター第4号(2016年12月31日)が発行されました。

軍学共同反対連絡会ニュースレター第4号はこちらです⇒http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2017/01/NewsLetter_No04.pdf
これまでの軍学共同反対連絡会ニュースレたーはすべてこちらから読むことができます。
http://no-military-research.jp/?cat=6

軍学共同反対連絡会ニュースレター第3号(2016年12月5日)が発行されました。

2016.11.16 学術会議委員会報告 ほか

軍学共同反対連絡会ニュースレター第3号、およびこれまでの軍学共同反対連絡会ニュースレたーはすべてこちらから読むことができます。
http://no-military-research.jp/?cat=6

軍学共同反対連絡会ニュースレター第2号(2016年11月20日)が発行されました。

軍学共同反対の現局面と課題 ほか

軍学共同反対連絡会ニュースレター第2号、およびこれまでの軍学共同反対連絡会ニュースレはすべてこちらから読むことができます。
http://no-military-research.jp/?cat=6

軍学共同反対連絡会ニュースレター第1号(2016年10月16日)が発行されました。

9月30日、軍学共同反対連絡会が結成されました ほか

軍学共同反対連絡会ニュースレター第1号、およびこれまでの軍学共同反対連絡会ニュースレターはすべてこちらから読むことができます。
http://no-military-research.jp/?cat=6&paged=1

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年9月号が発行されました

軍学共同反対アピール署名の会からのお知らせです。。
全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース9月号
目次
1. 軍学共同反対連絡会 9月30日に結成準備すすむ
2. 軍学共同反対市民の会できる: 9/30学術会議前市民からのスタンディング大要請行動に協力を
3. 大学へむけての抗議行動すすむ :さらに広げてください 各1000以上が目標です
4. 大学でのうごき
5. シンポジウム予定
1)学術会議の史学委員会が12月に公開シンポジウム 「科学者・技術者と軍事研究   ――科学・技術と研究者倫理にかかわる諸問題の科学史的検討――」
2) 10・16学者の会・大学有志の会意見交換会のご案内
3)10月に連絡会としてのシンポジウム
続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年8月号が発行されました

軍学共同反対アピール署名の会からのお知らせです。。
全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース2016年8月号-1
目次
1. 二つの緊急行動の提起 :現在の主要とりくみ課題
2. 安全保障技術研究推進制度、次年度110億円への巨大化
3. 声明の発表
4. 学会でのうごき 地学団体研究会決議採択
5. 大学でのうごき
6. 新聞報道から:地方紙頑張る
7. 阪大が米軍資金3000万円受け取る:これにも緊急抗議をよびかけます
8. 資料編:学術会議の議論

続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年7月号が発行されました

目次
1、2016年度防衛省安全保障技術研究推進制度、選択結果でる。
2、大学の動き
3、新書3冊発行:これらの普及を
4、軍楽共同連絡会の再組織化すすむ
全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース2016年7月号

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年6月号が発行されました

全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース2016年6月号-1
「軍学共同反対アピール署名の会」からのお知らせです。
6月号の「軍学共同反対連絡会ニュース」を、赤井先生(新潟大学)が編集して
下さいました。どうぞご活用下さい。
目次は以下の通りです。

1.日本学術会議が軍事研究の是非について検討開始…ここに日本の科学者
の良心を結集しましょう!
2.自民党国防部会が安全保障研究推進制度に100億円を要求
3.危機感広がる中で、各地・各団体で軍学共同問題に関するシンポジウムが開催
4.医学者が緊急の記者会見
5.国立天文台が教授会議で軍事研究禁止の方針を決める快挙