「新型コロナウイルス感染症に関する就業上の取り扱いについて」申し入れ

本日3月23日、こちらの内容で、東京大学本部労務・勤務環境課へ申し入れを行いました。

=====

3月16日付で各部局長あてに発出された
「新型コロナウイルス感染症に関する就業上の取扱いについて」
のなかで、次のような措置が記載されています。
—————
3.上記以外の感染拡大防止措置等
(2)感染拡大を防止する観点から、部局の実態等に応じて、業務への影響や
教職員の個別の事情等も考慮し、時差出勤や在宅勤務も活用することが
できるものとする。
————–

この上記3.(2)は、続く(3)、(4)に比べて具体性に欠けるためか、
感染拡大防止のために時差出勤等を希望しても受け付けられない場合もあり、
妊娠中であっても希望通りにいかないケースがあると聞き及んでいます。

教職員の中には、勤務しながら病気療養中であったり、感染リスクの高い
既往症のある方などもおられるかと思います。

そう言った方々でも、時差出勤や在宅勤務ができるだけ可能となるよう、
また必要であれば特別休暇も取得可能となるよう、具体事例等も明示した
通知内容に修正されるよう、申し入れます。

コメントは停止中です。