映画『新聞記者』

5月9日に東京新聞の望月衣塑子記者に来ていただき、「国民の知る権利とメディア」をテーマに講演会を行いました。
その望月さんの著書「新聞記者」をもとにした映画が6月28日より全国で公開されています。http://shimbunkisha.jp/

権力を監視するはずのメディアが、なぜか権力に監視され操られる。国民のために仕事をするはずの公務員が、なぜか権力者のために仕事をさせられる。世の中は、なぜこれほどサスペンスでミステリーなのでしょうか。

普段見えない裏側を、ドラマで描いた力作です。幽霊の正体見たり枯れ尾花。知らないで怖がるよりは、知ったほうがいい。お見逃しなく。

コメントは停止中です。