10/26(水)12:10~13:00 第26回東職ランチョンセミナー「わだつみのこえ記念館への期待-開館10周年を迎えて-」

「わだつみのこえ記念館」開館10年記念企画②
どなたでもご参加いただけます。
チラシはこちら⇒第26回ランチョンセミナー
%e7%ac%ac26%e5%9b%9e%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1第26回東職ランチョンセミナー
2016年10月26日(水)12:10~13:00(開場11:30)
テーマ「わだつみのこえ記念館への期待-開館10周年を迎えて-」
講師 岡安 茂祐 氏(わだつみのこえ記念館理事長)
会場・東洋文化研究所第一会議室
1943年11月12日、東京大学の出陣学徒壮行会が安田講堂で開かれました。
東大戦没学生の手記を集めて出版した『はるかなる山河に』(1947年発行)は、『きけわだつみのこえ』の原点です。
学徒出陣のこと、「きけ、わだつみのこえ」のこと、東大に建立される予定だった「わだつみの像」(東大が拒否して立命館大学に建立)のこと、東大学生も協力した東横映画「日本戦歿学生の手記きけ、わだつみの声」のこと、日本戦没学生記念会「わだつみ会」のこと、そして本郷に設立して10年が経った「わだつみのこえ記念館」のこと……。
続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年9月号が発行されました

軍学共同反対アピール署名の会からのお知らせです。。
全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース9月号
目次
1. 軍学共同反対連絡会 9月30日に結成準備すすむ
2. 軍学共同反対市民の会できる: 9/30学術会議前市民からのスタンディング大要請行動に協力を
3. 大学へむけての抗議行動すすむ :さらに広げてください 各1000以上が目標です
4. 大学でのうごき
5. シンポジウム予定
1)学術会議の史学委員会が12月に公開シンポジウム 「科学者・技術者と軍事研究   ――科学・技術と研究者倫理にかかわる諸問題の科学史的検討――」
2) 10・16学者の会・大学有志の会意見交換会のご案内
3)10月に連絡会としてのシンポジウム
******
「軍学共同反対連絡会」結成会のご案内
日時 9月30日(金) 10時30分~12時30分
会場 衆議院第二議員会館第1会議室(地下1階)
〒100-0014 東京都千代田区永田町一丁目7番1号
最寄り駅 国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)
内容 軍学共同反対連絡会結成の趣旨と今後の取り組みについて
2016年度安全保障技術研究推進制度の応募・採択状況について
日本学術会議安全保障と学術に関する検討委員会の議論について
参加者自己紹介 意見交流

10/4(火)18:00~ 読書会

月に1回、読書images会を開いています。
初めての方も歓迎です。
テキスト: 白井聡著
『戦後政治を終わらせる:永続敗戦の、その先へ』(NHK出版新書) 2016年
定価: 820円+税
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000884852016.html
会場:東職組合室(生協第二食堂3F)
問い合わせ:03-5841-7971 東京大学教職員組合書記局
[目次]
序 章 敗戦の否認は何をもたらしたか
第一章 五五年体制とは何だったのか――「疑似二大政党制」の構造的実相
第二章 対米従属の諸相(一)――「自己目的化の時代」へ
第三章 対米従属の諸相(二)――経済的従属と軍事的従属
第四章 新自由主義の日本的文脈
終 章 ポスト五五年体制へ

10/6(木)戦争法廃止!憲法を活かそう!さらなる広がりを求めてー総がかり行動シンポジウム

戦争法廃止!憲法を活かそう!さらなる広がりを求めて
ー 総がかり行動シンポジウム20161006a-1200x1697
日時 10月6日(木)午後6時30分~ 参加費無料 先着1300人
場所 北とぴあ・さくらホール (最寄り駅 JR王子駅)
主催 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
パネリスト 高野孟、中野晃一、渡辺治、大沢真理
*「東大有志の会」集合場所 北とぴあ入口周辺
            集合時間 午後5時45分

10/7(金)12:30~13:30 ろうきん相談会

<ろうきん相談会> 2016年10月の相談会 中央ろうきん
ご案内はこちらです⇒ろうきんの無担保商品ラインナップ
%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%8d%e3%82%93日時:10月7日(金)  12:30~13:30
場所:東職書記局(生協第二食堂建物3階)
ローン・年金などのご相談を中央労働金庫本郷支店の担当者が、直接、お応 えします。住宅やマイカー・教育費用などに関するローンのご相談もどうぞ。お気軽に東 職書記局までお越ください。 *ろうきん* のローンは、組合員なら断然有利!! 東京大学教職員組合は *ろうきん* の団体会員になっています。 組合員が *ろうきん* のローンを利用する場合、組合員以外の方々が利用するより低金利となり、断然お得です。

10/10(月・祝)「東大有志の会」学習会 「自民党改憲草案について」

「東大有志の会」学習会 「自民党改憲草案について」
日時 10月10日(月 休日)午後1時30分~
場所 東大教職員組合書記局 第2食堂3階
テキスト上脇博之著「自民改憲案vs日本国憲法」(日本機関紙出版センター)
副読本「自由民主党『日本国憲法改正草案』についての会内討議資料」(東京弁護士会発行)

「ひまわり」283号(2016/9/15)が発行されました!

全文はこちらです⇒「ひまわり」283号
images.jpg2
全大教第28回教研集会
男女共同参画分科会ならびに女性部(最後の)総会そして交流会の報告

9月9日~11日の日程で、宇都宮大学(峰キャンパス)において第28回教研集会が「深刻化・固定化する日本の階層格差 ~国公立大学教職員はどう向き合えばよいのか」を全体テーマとして開催されました。最終的な参加人数・参加単組等の詳細は全大教新聞ならびに時報をご覧ください。
ここでは全大教女性部の主催で行われましたA4分科会「男女共同参画」とC分科会の時間帯に開催されました女性部総会と交流会につきましてご報告いたします。
続きを読む

11/16(水)第12回東職シネマカフェ 新作『きけ わだつみのこえ』(1995年製作 東映作品)

「わだつみのこえ記念館」開館10年記念企画③
予約不要・鑑賞無料・どなたでもご参加いただけます
チラシはこちら⇒第12回東職シネマカフェ
第12回 東職シネマカフェ    協力:わだつみのこえ記念館
2016年8月31日(水) 17:45開場 18:00開映(終映20:00予定)
ワンドリンク代(おつまみ付き):組合員300円 一般500円
会場:東京大学教職員組合書記局(生協第2食堂3階)
主催:東京大学教職員組合 TEL03-5841-7971内線27971
第12回東職シネマカフェ
【上映作品】
1995年製作 東映  130分(DVD)
『きけ、わだつみの声 Last Friends』
監督:出目昌伸 脚本:早坂暁
製作:高岩淡 山科誠
出演者:織田裕二、風間トオル、的場浩司
緒形直人、仲村トオル、鶴田真由

【同時上映】
文部省制作の「学徒出陣」1943年製作 10分(DVD)

「わだつみのこえ記念館」は、東大戦没学生の手記を集めて出版した『はるかなる山河に』(1947年発行)を原点とした、『きけわだつみのこえ』に収録されたものに類する、アジア・太平洋戦争における日本の戦
没学生を中心にした戦争犠牲者にかんする資料(遺稿・遺品などの原資料、活字・映像資料その他)を広く収集 して展示し、今年開館10年となります。
「わだつみのこえ記念館」URL:http://www.wadatsuminokoe.org/

11/18(金)UT-CAS学習会vol.2「強行採決から1年~市民連合から野党共闘、そして憲法は今」

◆UT-CAS学習会vol.2「強行採決から1年~市民連合から野党共闘、そして憲法は今」
○日時:2016年11月18日(金)18:30開場 19:00開演
○会場:本郷キャンパスを予定

○企画内容
昨年9月19日、内容としても違憲であり、手続きとしても多くの問題を孕んだ安全保障法案が「成立」しました。しかしそれから1年、私たちの運動は、弱まるどころから、全国から多くの人々が立ち上がり、声をあげ続け、現在の政治と憲法についての思考と行動が続いています。最も象徴的なものが、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求めて結集した、市民連合の成立であり、市民連合をはじめとする全国の社会運動の要請を受けて成立した野党共闘の枠組みだと言えるのではないでしょうか。
本学習会では、闘う政治学者として、全国を飛び回りながら、現在の政治や憲法について講演・活動をなさっている山口二郎先生をお呼びして、強行採決から1年、どのように社会や政治についての変容が生じ、そして現在、どのような憲法・安全保障の問題が私たちに突き付けられているのかについて議論したいと思います。そして、みなさんと一緒に、私たちの生きる時代を検討し、その未来を考えていきたいと思います。
続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年8月号が発行されました

軍学共同反対アピール署名の会からのお知らせです。。
全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース2016年8月号-1
目次
1. 二つの緊急行動の提起 :現在の主要とりくみ課題
2. 安全保障技術研究推進制度、次年度110億円への巨大化
3. 声明の発表
4. 学会でのうごき 地学団体研究会決議採択
5. 大学でのうごき
6. 新聞報道から:地方紙頑張る
7. 阪大が米軍資金3000万円受け取る:これにも緊急抗議をよびかけます
8. 資料編:学術会議の議論

続きを読む