6/10(金)12:10~13:00 第23回東職ランチョンセミナー「再生可能エネルギーの 系統接続の課題と対策」

チラシはこちらです⇒第23回チラシ
imagesどなたでもご参加いただけます。
第23回東職ランチョンセミナー
2016年6月10日(金)12:10~13:00(開場11:30)
テーマ:「再生可能エネルギーの系統接続の課題と対策」
講師:今中政輝氏(生産技術研究所特任研究員)
会場:工学部8号館85号講義室

21世紀に入ってから、世界で風力発電と太陽光発電が急増し、
日本でも2012年の7月以降太陽光発電は5倍以上に増えている。
パリ協定で世界の温暖化対策の強化が宣言され、ますます注目される太陽光と風力。
このセミナーでは、出力が天候により変化するこれらの発電を系統に大量に接続する上での課題と、
対策の例を紹介する。


続きを読む

2000万人 「戦争法の廃止を求める統一署名」にご協力ください

「戦争法廃止をめざす東大有志の会」も取扱団体になりました。
従来はともすると別々に取り組まれ2000万人署名バナーていた署名運動を1本化するという画期的な試みです。これを全国で拡げに拡げましょう。この運動はいま求められている参院選での野党の協力と勝利にも大きな弾みとなると確信しております。署名に際してのご注意は「鑑」をご覧ください。署名用紙鑑
署名用紙はダウンロードしてお使い下さい⇒戦争法の廃止を求める統一署名
*ネット署名は、制度上、総理大臣あてしか有効になりません。できる限り自筆での署名をお願いします。
呼びかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

組合名称変更のお知らせ

2015年7月18日に行われました東京大学職員組合第125回総会において、
「東京大学職員組合」は「東京大学教職員組合」と名称を変更いたしました。
続きを読む

5/31(火)18:00~読書会

images 月に1回、読書会を開いています。
初めての方も歓迎です。
テキスト:多木浩二『戦争論』
(岩波新書 ; 新赤版 632) 1999年
定価: 720円+税
ISBN: 4-00-430632-9
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/43/9/4306320.html
会場:東職書記局(第二生協3F)

[目次]
第1章 近代の戦争
第2章 軍隊国家の誕生-近代日本
第3章 死と暴力の世紀
第4章 冷戦から内戦へ
第5章 二〇世紀末の戦争

6/11(土)午後2時~4時 何が変わるの? 憲法改正

401191_photo1憲法が変わるかもしれないって聞いたけど,どんな風に変わるんだろう。
私たちの暮らしはどう変わるの?
今の憲法と自民党改憲草案の中身を、一緒に読み比べてみませんか?
憲法改正における夏の参議院選挙の持つ意味についても考えます。

“ママ達の思い”をつなぐリレートークも予定しています。
お子様連れ大歓迎。

ぜひご参加ください。

日時 2016年06月11日(土)午後2時~午後4時(開場午後1時30分)
開催場所 西片町教会( 東京都文京区西片2丁目18−18)
地図
お話  弁護士 長尾詩子さん(安保関連法に反対するママの会)
矢野 和葉さん(SEALDs)
参加費 500円(税込)
定員 70人(先着順)
主催 つなぐ会文京台東

6/17(金)12:30~13:30ろうきん相談会

<ろうきん相談会> 2016年3月の相談会 中央ろうきん
日時:6月17日(金)  12:30~13:30
場所:東職書記局(生協第二食堂建物3階)
ローン・年金などのご相談を中央労働金庫 本郷支店の担当者が、直接、お応 えします。住宅やマイカー・教育費用などに関するローンのご相談もどうぞ。お気軽に東 職書記局までお越ください。 *ろうきん* のロンは、組合員なら断然有利!! 東京大学職員組合は *ろうきん* の団体会員になっています。 組合員が *ろうきん* のローンを利用する場合、組合員以外の方々が利用するより低金利となり、断然お得です。

教職員共済大学事業所メルマガ ~No.0076~

発行元:教職員共済生活協同組合 大学事業所   2016.5.20
*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
教職員の皆様
 皆様こんにちは。
 日中の日差しは、温かく初夏を感じさせますが、時折の雨や日没
後の気温の低下にとまどうこともあるかと存じます。
 皆様におかれましては、どうかお風邪などお召しになりませんよ
うご自愛ください。
 明日の5月21日は、日本で始めて小学校が開校された日とされ
ています。
 明治2年5月21日に上京第二十七番組小学校(京都市、現・京
都市立柳池中学校)が開校されました。町衆による小学校創設構想
に端を発したもので、多くの寄付や献金が集まり、地域が一丸とな
って学校の建設が進められたと言われています。
 教職員共済も皆様との助け合いで成り立っております。現在、ト
リプルガード 団体生命共済・医療共済の一括募集時期ですので、
皆様のご検討・ご加入をお待ちしております。
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・
続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年5月号が発行されました

全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース2016年5月号

「軍学共同反対アピール署名の会」からのお知らせです。
5月号の「軍学共同反対連絡会ニュース」をお送りいたします。
明日5月18日は、「安全保障技術研究推進制度」の応募締切日です。
昨年よりも応募件数が少なくなるよう、軍学共同の拡大へ歯止めが掛けられるよう、
力を尽くしましょう。
■ 昨日(5月16日付け)の「東京新聞」は、第一面で、防衛省と研究協力が急増 「軍学共同」15年度23件 と報じました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201605/CK2016051602000122.html
軍学共同の是非をめぐって社会的関心が高まりつつあります。

《5月号より》
防衛省の安全保障技術研究推進制度6億円に応募するな! 提出した人も取り下げを! 最後、渾身の力を込めての訴えます。
もし、身近に今年の「安全保障技術研究推進制度」募集に応募した人、応募しようかと考えている人がいたら、以下の文章を届けてください。
続きを読む

【終了】5/25(水)第10回東職シネマカフェ

第10回東職シネマカフェ(表)チラシはこちらです⇒第10回東職シネマカフェ
予約不要・鑑賞無料
第10回 東職シネマカフェ
 2016年5月25日(水)
 18:15開場 18:30開映(終映20:00予定)
会場:東京大学教職員組合書記局(生協第2食堂3階) 地図
ワンドリンク代(おつまみ付き):組合員300円 一般500円
『アリサ ヒトから人間への記録』(1986年 78分 文部省特選)
制作協力:さくら・さくらんぼ保育園創設者(元園長)故斎藤公子
製作:小島義史、野原嘉一郎脚本:ふじたあさや、撮影:山本駿
監督・演出:山崎定人、製作会社:青銅プロダクション・共同映画
________________________________________
ひとりの女の子の生後6ヶ月から6歳11ヶ月まで、7年の成長を追ったドキュメンタリー。家庭でも保育園でも一切、文字の読み書きを教えないことを 方針のもと、”アリサ”と名づけられた女の子は、発育に応じて、溢れるような意欲と体力、瑞々しい感性と創造力、仲間を思いやる優しい心を獲得していく
主催:東京大学教職員組合 TEL03-5841-7971内線27971 http://tousyoku.org/

【終了】5/15(日)◆UT-CAS五月祭企画 「木村草太と考える日本のいまーー憲法と立憲主義を問い直す」

安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会(UT-CAS)では、東大五月祭に合わせて以下の通り企画を挙行いたします。
13055923_996417583779641_6947500998165662960_o
◆UT-CAS五月祭企画
「木村草太と考える日本のいまーー憲法と立憲主義を問い直す」
○日時:2016年5月15日(日)15:00開場 15:30開演
○会場:農学部弥生キャンパス一条ホール(弥生講堂)
(東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩1分)


続きを読む

【終了】5/13(金)12:10~13:00 第22回東職ランチョンセミナー 「沖縄にはかつていかなる王国があったのか」講師:渡辺美季氏

どなたでもどうぞ。予約不要・無料
チラシはこちらから⇒第22回チラシ
かつて沖縄には琉球という王国があった。今帰仁城
それは中国や日本の影響を強く受けながら、むしろそれゆえに、中国でも日本でもない固有性を獲得・維持した王国であった。
本報告では、こうした王国の特性を、前近代東アジアの国際関係を切り口として論じる予定である。

第22回東職ランチョンセミナーExif_JPEG_PICTURE
沖縄にはかつていかなる王国があったのか
講師 渡辺 美季氏(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
2016年5月13日(金)12時10分~13時(開場11時半)
会場 福武ホール地下1階史料編纂所会議室
続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年4月号が発行されました

全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース2016年4月号

軍学共同反対アピール署名からのお知らせです。
■軍学共同反対連絡会ニュースの3月号を出したばかりですが、4月号(最新号)をお送りいたします。
「安全保障技術研究推進制度」が公募されています。軍学共同の本格化を押しとどめるために、今が頑張り時です。各大学・研究機関での議論を促すための問題提起を掲載しています。