月別アーカイブ: 7月 2017

(特定)短時間勤務有期雇用教職員の雇用に関するアンケート(協力のお願い)

*アンケートの一部を訂正しています(2017.7.24)。
東京大学で働くみなさまへ
(特定)短時間勤務有期雇用教職員の雇用に関するアンケートについて
5年雇い止めの撤廃と希望者全員の無期転換申込権獲得のためにご協力ください。

以下の2種類の方法でアンケートを受け付けております。
(1)Webアンケートで入力。
アンケートURL:http://tousyoku.org/enquete/
(2)アンケート用紙をダウンロードし、学内便などで提出。
アンケート用紙はこちらです⇒20170629_東職アンケート(訂正版)

アンケートの締め切り: できるだけ1次締切までにご提出ください。
1次:2017年7月21日(金)
2次:2017年8月25日(金)

あなたの労働契約のセルフチェックにも有効です。ぜひご協力を!

4年前の2013年4月1日に改正労働契約法が施行されました。この法律の改正趣旨は、非正規雇用労働者の雇用の安定化であり、その一環として無期労働契約への転換の仕組みが導入されました。しかし残念なことに東京大学では、この施行を機に、雇用限度終了後の(特定)短時間勤務有期雇用教職員のクーリング期間を従来の3ヶ月から6ヶ月に延長し、それまで3年ごとに再採用が可能であった特任専門職員を5年以上継続雇用しないという事例が発生するなど、有期雇用教職員の雇用はむしろ不安定な方向へと逆行しています。また、継続雇用が5年を超えた場合に可能となる無期転換を避けるために、意図的に契約期間が短く設定されるという事態も起きています。
大学当局は、この時期に年俸制無期雇用の「職域限定職員」制度導入(平成30年度)を提示していますが、この制度により登用される有期雇用教職員は一部であることから、全体の雇用の安定化にはつながらず、むしろ「職域限定職員」以外の有期雇用教職員の待遇低下が懸念されます。

東京大学教職員組合は、大学当局に対し「雇用を安定化し、労働者が安心して働き続けることが可能な社会の実現」という改正労働契約法の趣旨に則った雇用の実現を求めるとともに、有期雇用教職員の労働条件の抜本的改善(5年雇い止めの撤廃、賃金の改善等)に向け、集中的な取り組みを開始しました。そのためには現在東大で働く有期雇用教職員の雇用の実態と問題点を把握する必要があることから、アンケートを実施することにいたしました。全ての東大構成員にご協力いただける内容にしたつもりですが、特に有期雇用教職員の方々には、一人でも多くのご協力をいただきたく、ご自身の労働条件通知書をご参照の上、ご回答いただければありがたく存じます。
アンケート集約結果は、団体交渉の資料等に活用させていただくとともに、組合のウェブサイトで公開いたします。個人が特定されるようなことは絶対にありませんし、集約回答は組合が責任をもって厳重に管理します。

8/7~18予約受付!完熟梨(ジャンボサイズの幸水梨)を、今年も販売します!

樹上で熟したこだわりの完熟梨を、最高の状態でもぎたて直売!!
昨年度大好評だった完熟梨(ジャンボサイズの幸水梨)を、今年も販売します!
通常市販のものは「青取り」と言われる、熟す前に収穫されたものですが、お届けするのは「完熟」梨。賞味期限は、室内では購入日を含めて3日、冷蔵庫で1週間程度です。

◎1袋1,000円(1,5kg前後/3~4個入り)
◎予約受付2017年8/7(月)~18(金)
◎受渡し日時:8/21(月)14時~18時 または 8/24(木)14時~19時 *代金引き換え
◎受渡し場所:東京大学教職員組合書記局 本郷キャンパス第二食堂3階
◎お問合せ/予約:東京大学教職員組合 書記局 Tel・Fax:03-5841-7971
E-Mail:syokikyoku@tousyoku.org    http://tousyoku.org/

【申し込み方法】 *チラシはダウンロードできます⇒梨販売&シネマチラシ
メール・FAX・TEL(TELは8/11~16を除く10時~18時)で下記をお知らせ下さい。
①受渡し希望日(8/21 or  8/24)
②注文袋数
③お名前(学内の方は所属、学外の方はご住所も)
④連絡先(日中に連絡可能な電話番号)

8/21(月)18:30~第14回東職シネマカフェ 明治初期の北海道開拓を描く「大地の侍」

夏の夕涼みをかねて東職シネマカフェを企画しました。
予約不要・鑑賞無料です。*お飲み物(有料)は用意しています。

2017年8月21日(月) 18:30 開映(開場18:00)
会場:東京大学教職員組合組合室(生協第2食堂3階奥)
今回の上映は、明治初期の北海道開拓を描く幻の映画「大地の侍」です。
幕末、戊辰戦争の敗者は、朝敵の汚名を着せられた。藩の石高は減らされ、家臣は禄を離れ生活の道を閉ざされる。残された北海道原野の開拓という過酷な道を選び、侍たちは維新を迎えます。
この作品は、仙台藩支藩の岩出山藩の人々が石狩当別に入植した史実を描いた壮絶な開拓物語。主人公のモデルは岩出山藩の元家老阿賀妻謙(吾妻謙)と藩主伊達邦夷(伊達邦直)です。

原作は本庄陸男『石狩川』(1938年刊)。
本庄は1905年に石狩川のほとりに生まれ、作者の父は佐賀県出身の士族、維新前は鍋島藩主の側近であり、作者の生れる10年前にこの地の開拓民として移住してきました。
そんな「われらの父祖の思いを覗いてみようと石狩川の興亡史」を書くために現地調査と資料集めを開始したのは日中戦争のさなかです。

本来ならば原作『石狩川』はその長大な歴史小説の第一部にあたります。
幕末から明治、そして明治の中期、大正、昭和と続く大河歴史小説が未完とならざる得なかったのは、作者が刊行のわずか2ヵ月後に34歳で病没したためでした。この作品は芥川賞候補となり、作者の死後に重版を重ねました。
長らく絶版となっていましたが、2011年5月に新日本出版社より復刊されています。

【作品情報】「大地の侍」 1956年 東映作品 66分 モノクロ
原作:本庄陸男『石狩川』 監督:佐伯清 撮影:藤井静 時代考証:木村荘八
主なる出演者:大友柳太朗、高千穂ひづる、三条美紀、杉村春子、千田是也ほか
*ネットによるストリーミング上映となります。

8/11(金)~8/16(水) 書記局閉鎖

下記の書記局(組合室)閉室
2017年8/11(金・祝)~8/16(水)
8月17日(木)10:00より開室いたします。
メール等のお返事も8/175以降になります。
ご了承ください。

かわら版(全員の夏休みでリフレッシュ!!)2017-5号(2017/7/7)が発行されました

ダウンロードできます⇒かわら版2017-5(全員の夏休みでリフレッシュ!!)

30回ランチョンセミナー感想
「軍事研究禁止の原則◆再確認に向けて どうする東大!!

坂本 宏(2016年度東職委員長)
5月16日(火)の昼、東職と理職共催で大学での軍事研究をテーマに拡大版ランチョンセミナーが開催され学内外・組合内外から50名近くの方が参加されました。講師は社会科学研究所の佐藤岩夫さんと理学系研究科の須藤靖さんでした。
続きを読む