カテゴリ: 機関紙・刊行物

軍学共同反対連絡会ニュースレター第2号(2016年11月20日)が発行されました。

軍学共同反対の現局面と課題 ほか

軍学共同反対連絡会ニュースレター第2号、およびこれまでの軍学共同反対連絡会ニュースレはすべてこちらから読むことができます。
http://no-military-research.jp/?cat=6

「ひまわり」284号(2016/11/2)が発行されました!

全文はこちらです⇒「ひまわり」284号images.jpg2

男女共同参画基本データの紹介
前号のひまわりでも記述いたしましたように、東職女性部では教研集会開催(9月宇都宮大学)に先立ちまして、1.構成員(職員)の男女比調査、2.男女共同参画基本データ(育児・介護休業休暇に関する数値)3.その他改良したこと、問題点などの調査を行い、5月18日(女性部にて受領)に大学本部より詳細な回答をいただきました。今号では育児・介護に関するデータを中心に分析したいと存じます。データは2015年度のものになります。

○出産と育児に関連して
育児休業取得人数
%e8%82%b2%e5%85%90%e4%bc%91%e6%a5%ad%e5%8f%96%e5%be%97%e4%ba%ba%e6%95%b0
育児休業は男性、女性の教職員ともに取得することができます。「休業に関する取扱い」ならびに大学本部にて発行されております「東京大学におけるワーク・ライフ・バランス支援ハンドブック」でご確認ください。ただし、短時間有期雇用教職員(満1歳と6月まで)と教職員(満3歳まで)では取得期間、取得方法等が異なります。今回ハンドブックにその詳細の記載がないことがわかりました。そのほかの数値を他大学と比較してみました。目標値としてデータを入手することのでき265大学、5高専、1研究所の中で最も良いデータを記入いたしました。
%e5%87%ba%e7%94%a3%e6%99%82%e3%81%ae%e4%bc%91%e6%9a%87%e5%88%b6%e5%ba%a6%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6
今回入手できました他大学のデータを分析すると、産前休暇8週が過半数でした。条件付きとのことですが、非常勤教職員の方が有給で産前産後休暇を取得できる大学があります。
○看護と介護に関連して
子の看護休暇取得人数
%e5%ad%90%e3%81%ae%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e4%bc%91%e6%9a%87%e5%8f%96%e5%be%97%e4%ba%ba%e6%95%b0
子の看護休暇は男性、女性の教職員ともに取得することのできる特別休暇です。就業規則ならびに「東京大学におけるワーク・ライフ・バランス支援ハンドブック」でご確認ください。短時間有期雇用教職員の方にとりまして現在無給の休暇ですが、多くの方の利用があることがわかりました。育児休業に比べて男性の取得が多いこともわかります。利用の拡大を進めてゆきたいと思います。そのほかの数値を他大学と比較してみました。
%e5%ad%90%e3%81%ae%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e4%bc%91%e6%9a%87%e3%83%bb%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e4%bc%91%e6%9a%87
東職女性部では皆様と一緒に、より働きやすい職場環境の整備に向けて考えてゆきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。
続きを読む

かわら版2016‐3号(2016/10/25)が発行されました

ダウンロードできます⇒かわら版2016‐3号 新しい制度、しっかり活用しましょう!

非常勤職員のみなさんも社会保険に!
~~こんな条件で働いていませんか?~~
A)①毎週いつも29時間以上、働いている
 ②毎月いつも毎週4日以上、出勤
B)①毎週20時間以上、働いている
 ②賃金の月額が8.8万円以上
 ③働く期間が1年以上見込まれる契約、すなわち
  a)期間の定めのない雇用、または b)契約が1年以上、または c)1年未満の契約だが契約が更新される可能性が「労働条件通知書」に書いてある
 ④ご自身が学生でない ⑤雇い先が規模501人以上の企業(特定適用事業所)
   ※東京大学は部局の規模に関わらず適用対象です

どれかが当てはまれば、10月1日から社会保険に必ず入れます!

例:週25時間、時給1,314円の短時間教職員の場合、
→平成28年9月30日まで=社会保険に加入せず
→平成28年10月1日以降=社会保険に加入できる(条件B)に該当)

社会保険=厚生年金保険・健康保険ですから、これは結構、大きいですよね。
ぜひとも、事務担当窓口で、確認しましょう!
続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュースレター第1号(2016年10月16日)が発行されました。

9月30日、軍学共同反対連絡会が結成されました ほか

軍学共同反対連絡会ニュースレター第1号、およびこれまでの軍学共同反対連絡会ニュースレターはすべてこちらから読むことができます。
http://no-military-research.jp/?cat=6&paged=1

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年9月号が発行されました

軍学共同反対アピール署名の会からのお知らせです。。
全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース9月号
目次
1. 軍学共同反対連絡会 9月30日に結成準備すすむ
2. 軍学共同反対市民の会できる: 9/30学術会議前市民からのスタンディング大要請行動に協力を
3. 大学へむけての抗議行動すすむ :さらに広げてください 各1000以上が目標です
4. 大学でのうごき
5. シンポジウム予定
1)学術会議の史学委員会が12月に公開シンポジウム 「科学者・技術者と軍事研究   ――科学・技術と研究者倫理にかかわる諸問題の科学史的検討――」
2) 10・16学者の会・大学有志の会意見交換会のご案内
3)10月に連絡会としてのシンポジウム
続きを読む

「ひまわり」283号(2016/9/15)が発行されました!

全文はこちらです⇒「ひまわり」283号
images.jpg2
全大教第28回教研集会
男女共同参画分科会ならびに女性部(最後の)総会そして交流会の報告

9月9日~11日の日程で、宇都宮大学(峰キャンパス)において第28回教研集会が「深刻化・固定化する日本の階層格差 ~国公立大学教職員はどう向き合えばよいのか」を全体テーマとして開催されました。最終的な参加人数・参加単組等の詳細は全大教新聞ならびに時報をご覧ください。
ここでは全大教女性部の主催で行われましたA4分科会「男女共同参画」とC分科会の時間帯に開催されました女性部総会と交流会につきましてご報告いたします。
続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年8月号が発行されました

軍学共同反対アピール署名の会からのお知らせです。。
全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース2016年8月号-1
目次
1. 二つの緊急行動の提起 :現在の主要とりくみ課題
2. 安全保障技術研究推進制度、次年度110億円への巨大化
3. 声明の発表
4. 学会でのうごき 地学団体研究会決議採択
5. 大学でのうごき
6. 新聞報道から:地方紙頑張る
7. 阪大が米軍資金3000万円受け取る:これにも緊急抗議をよびかけます
8. 資料編:学術会議の議論

続きを読む

かわら版2016‐2号(2016/8/24)が発行されました

ダウンロードできます⇒かわら版20160-2(新執行部で気持ちも新たに)

2016年度新執行部が発足しました
7月2日(土) に第 126回定期総会にて新しい執行部が選出されました。

~~新 執行委員長 ごあいさつ ~~
 さて皆さん、職場の様子はいかがですか。以前に比べて仕事量が増えているなと思うことはありませんか。将来に対して不安に思うことはありませんか。
 この間、定員削減が進み、運営費交付金も削減され、競争的資金への依存度が高まっています。その結果、教員も職員も非正規雇用が増えています。5年で雇い止めになり東大を去らざるを得ないケースが増えています。このような状況が続いて行くことは深刻な問題だと思います。
 私たちは東大に着任したとき、東大の教育と研究に携わり、それを支えることに誇りと責任を感じました。実際、5年間という期限でも、その間に一人一人が培った能力や経験は東大にとってかけがえのないものであるはずです。実際にその力が東大の教育と研究を支えています。それをいかにも代わりがいくらでもいるかのように切り捨てていくことはおかしい。よりよい東大を作るためには、そういう力こそ大事にされるべきです。
 東大にはこのように現在様々な問題が生じています。それらは簡単に解決できるものではないかも知れません。しかし、そういった問題をどうやって解決するのか、その道筋を明らかにしていくことが重要です。私たち組合は常に働くものの立場に立って考え、議論し行動しています。
 皆さん、おかしいなと思うことがあったらいつでも私たちに声をかけてください。いつも皆さんの隣にいる組合でありたいと思っています。よろしくお願いします。
       2016年度執行委員長 坂本 宏 (素粒子物理国際研究センター)
続きを読む

「ひまわり」282号(2016/8/4)が発行されました!

images.jpg2全文はこちらです⇒ひまわり282号
全大教男女共同参画分科会と女性部総会・交流会開催のお知らせ(その1)

本格的な夏がやってまいりました。みなさまにはお変わりなくお過ごしでしょうか。9月に開催されます第28回教研集会スケジュール案が発表されましたので、みなさまにお届けいたします。どうぞみなさまご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。

全大教第28回教職員研究集会
日時:9月9日(金)午後1時開会 ~ 11日(日)正午閉会
場所:宇都宮大学・峰キャンパス 

「深刻化・固定化する日本の階層格差 -国公立大学教職員はどう向き合えばよいのか」
1) 全体集会 9月 9日13:00~同日15:30
2) A分科会(主にテーマ別) 9月 9日16:00~9月10日12:00
3) B分科会(主に職種別) 9月10日15:00~9月11日11:15
4) C分科会(自由セッション) 9月10日12:30〜同日14:30
5) 閉会集会 9月11日11:30~同日12:00
6) 全体交流会 9月 9日18:00~同日19:30(予定)

A分科会としてA4「男女共同参画分科会」とA6「非常勤職員」(今年からA分科会で開催されます!!)が、またC分科会として「女性部総会・交流会」が開催される予定です。内容の詳細は決まり次第お知らせいたします。
※宇都宮大HP http://www.utsunomiya-u.ac.jp/map/access.php
続きを読む

軍学共同反対連絡会ニュース 2016年7月号が発行されました

目次
1、2016年度防衛省安全保障技術研究推進制度、選択結果でる。
2、大学の動き
3、新書3冊発行:これらの普及を
4、軍楽共同連絡会の再組織化すすむ
全文はこちらです⇒軍学共同反対連絡会ニュース2016年7月号