カテゴリ: イベント情報・無料相談会

8/21(月)18:30~第14回東職シネマカフェ 明治初期の北海道開拓を描く「大地の侍」

夏の夕涼みをかねて東職シネマカフェを企画しました。
予約不要・鑑賞無料です。*お飲み物(有料)は用意しています。

2017年8月21日(月) 18:30 開映(開場18:00)
会場:東京大学教職員組合組合室(生協第2食堂3階奥)
今回の上映は、明治初期の北海道開拓を描く幻の映画「大地の侍」です。
幕末、戊辰戦争の敗者は、朝敵の汚名を着せられた。藩の石高は減らされ、家臣は禄を離れ生活の道を閉ざされる。残された北海道原野の開拓という過酷な道を選び、侍たちは維新を迎えます。
この作品は、仙台藩支藩の岩出山藩の人々が石狩当別に入植した史実を描いた壮絶な開拓物語。主人公のモデルは岩出山藩の元家老阿賀妻謙(吾妻謙)と藩主伊達邦夷(伊達邦直)です。

原作は本庄陸男『石狩川』(1938年刊)。
本庄は1905年に石狩川のほとりに生まれ、作者の父は佐賀県出身の士族、維新前は鍋島藩主の側近であり、作者の生れる10年前にこの地の開拓民として移住してきました。
そんな「われらの父祖の思いを覗いてみようと石狩川の興亡史」を書くために現地調査と資料集めを開始したのは日中戦争のさなかです。

本来ならば原作『石狩川』はその長大な歴史小説の第一部にあたります。
幕末から明治、そして明治の中期、大正、昭和と続く大河歴史小説が未完とならざる得なかったのは、作者が刊行のわずか2ヵ月後に34歳で病没したためでした。この作品は芥川賞候補となり、作者の死後に重版を重ねました。
長らく絶版となっていましたが、2011年5月に新日本出版社より復刊されています。

【作品情報】「大地の侍」 1956年 東映作品 66分 モノクロ
原作:本庄陸男『石狩川』 監督:佐伯清 撮影:藤井静 時代考証:木村荘八
主なる出演者:大友柳太朗、高千穂ひづる、三条美紀、杉村春子、千田是也ほか
*ネットによるストリーミング上映となります。

【終了】7/24(月)12:30~13:30 ろうきん相談会

<ろうきん相談会> 2017年7月の相談会 中央ろうきん 
夏の一時金キャンペーン⇒チラシ
日時:7月24日(月) 12:30~13:30
場所:東職書記局(生協第二食堂建物3階)
お問い合わせ:内線27971(外部からは03-5841-7971)
ローン・年金などのご相談を中央労働金庫本郷支店の担当者が、直接、お応 えします。住宅やマイカー・教育費用などに関するローンのご相談もどうぞ。お気軽に東 職書記局までお越ください。 *ろうきん* のローンは、組合員なら断然有利!! 東京大学教職員組合は *ろうきん* の団体会員になっています。 組合員が *ろうきん*のローンを利用する場合、組合員以外の方々が利用するより低金利となり、断然お得です。

【終了】7/21(金)18:00~20:30 生協ビール祭り

【終了】7/9(日)13:30-16:30 大学人と市民の集い「自由が危ない」(申し込み不要・参加費無料)

安全保障関連法に反対する学者の会の催しです。
日本学術会議安全保障と学術に関する検討委員会の委員長を務めた杉田敦氏が発言されます。
会場:早稲田大学8号館106教室
主催:安全保障関連法に反対する学者の会

【終了】6/29(木)12:20~13:20(受付開始11:50) トークイベント『センス・オブ・ワンダー』3 海を渡った大工道具

東京大学工学・情報理工学図書館イベントシリーズ 2017 No.2

トークイベント『センス・オブ・ワンダー』3
海を渡った大工道具 ~工部大学校の教材となった西洋の匠の道具達

【講師】角田 真弓 氏(建築学専攻 技術専門職員)
【会場】工2号館図書館 工学部2号館5階
【定員等】50名、先着順、申込不要、参加費無料
【主催】東京大学工学部・工学系研究科、情報理工学系研究科
【共催】駒場博物館
【協力】東京大学文書館
【問い合わせ】工学・情報理工学図書館 03-5841-6731

【終了】6/22(木)12:10~13:00 第31回東職ランチョンセミナー「育徳園と三四郎池」講師:原 祐一氏*セミナー後、引き続き希望者による見学会あり

第31回東職ランチョンセミナー⇒案内チラシ
無料・予約不要・弁当持参可・昼休みを有効に使う勉強会!

2017年6月22日(木)12:10~13:00 *セミナー後、引き続き希望者による見学会

育徳園と三四郎池

講師:原 祐一氏(東京大学埋蔵文化財調査室)

会場:赤門総合研究棟5階 549号室(赤門右手向かい)

育徳園は加賀藩本郷邸の庭園で、夏目漱石の 『三四郎』 の中で三四郎と美禰子が出会う場所として描かれます。昭和21年に東京大学新聞で「三四郎池」の呼称が使われてから三四郎池と呼ばれるようになったようです。今回のランチョンセミナーでは、江戸時代の育徳園がどういった大名庭園だったのか、明治時代以降の変遷、『三四郎』で描かれた景観、今後の育徳園の整備についてお話しします。
右地図/平成15年測量図・三四郎池全体図(方位・スケール追記)

主催:東京大学教職員組合
お問合せ(東職書記局)Tel・Fax:03-5841-7971
E-Mail:syokikyoku@tousyoku.org

続きを読む

【終了】6/19(月)18:00~ 読書会

月に1回、読書会を開いています。
初めての方も歓迎です。
テキスト:佐藤優 著
『大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす』
(NHK出版新書502)
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000885022016.html
定価:842円(本体780円) 2016年11月
会場:東職組合室(生協第二食堂3F)
問い合わせ:03-5841-7971 東京大学教職員組合書記局
続きを読む

【終了】6/22(木)9:30~17:00 第35回国立試験研究機関全国交流集会(国研集会) 「科学技術の危機と国立研究機関の行方」

第35回国立試験研究機関全国交流集会(略称「国研集会」)

《日時》6月22日(木)9:30~17:00

《場所》研究交流センター【国際会議場】
(住所)茨城県つくば市竹園2-20-5  TEL 029-851-1331
(交通)TXつくば駅(つくばエクスプレス終点)A3出口から徒歩20分
(地図) http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/kouryucenter/005.htm
※どなたでも事前登録なしで参加いただけます(参加費無料)
続きを読む

【終了】6/19(月)12:30~13:30 ろうきん相談会

<ろうきん相談会> 2017年6月の相談会 中央ろうきん
日時:6月19日(月) 12:30~13:30
場所:東職書記局(生協第二食堂建物3階)
お問い合わせ:内線27971(外部からは03-5841-7971)
ローン・年金などのご相談を中央労働金庫本郷支店の担当者が、直接、お応 えします。住宅やマイカー・教育費用などに関するローンのご相談もどうぞ。お気軽に東 職書記局までお越ください。 *ろうきん* のローンは、組合員なら断然有利!! 東京大学教職員組合は *ろうきん* の団体会員になっています。 組合員が *ろうきん*のローンを利用する場合、組合員以外の方々が利用するより低金利となり、断然お得です。

【終了】6/9(金)無料法律相談を活用しよう!【予約を締め切りました】

東職無料法律相談会開催

2017年6月9日(金曜日)18:00より 弁護士が直接お話をうかがいます。
まずはご予約ください(1人 20~30分)。
東職書記局 Tel&Fax03-5841-7971(内線27971) Email:syokikyoku@tousyoku.org
東京大学教職員組合では法律事務所と顧問契約をしています。
組合員、および組合加入を前提とした教職員(常勤・非常勤・短時間等)なら、どなたでも無料法律相談を受けられます。
チラシはこちらから⇒6/9無料法律相談案内
職場のこと、ハラスメントなどの労働相談のほか、離婚・相続・遺言・交通事故などの個人的な相談も可能です。
また、働く中での「おかしいぞ」「困ったな」という労働相談は、
これまでどおり組合員・未組合員を問わず、東京大学で働くすべての方の相談を東京大学教職員組合の労働相談員がうかがいます。
なにか困ったことがあったなら一人で抱え込まずに、東職にご連絡ください!