かわら版(新任の皆様おめでとうございます)2017-4号(2017/4/6)が発行されました

ダウンロードできます⇒かわら版2017-4号
東京大学にも労働組合があります!
といいますが、そもそも、何をしているの? 組合に入るメリットって? という方が多いですよね。まずはメリットの話から。
1) 無料で法律相談が受けられます(面談1件につき3回まで)
職場の労働相談から離婚・相続・遺言・交通事故などの個人的な相談まで、弁護士に無料で相談できます。これ、大きな安心、お得です。
2) 組合には団体交渉権があります! (^-^)b
「過半数代表があるじゃない」と思われる方、あれは交渉ではなくヒアリングです。組合では「これはおかしい」と感じたら、雇用者に直接要求・交渉ができます。
3) じつは、けっこうイベントあります♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
ランチョンセミナーやシネマカフェ、生け花教室、読書会。もちろん忘年会や新年会も。全大教主催の教研究集会では同じ職務の他大学の方々とも知り合えます。他にも、ろうきんで金利の安い融資が受けられるなど、こまごまとメリットがあります。
4) なにより、困ったときの頼みの綱がゲットできます♪
職場でひどい目にあったとき、直接の上司に話せないときもあります。あるいは、安心して相談できる相手が見当たらない、わからない場合もあるでしょう。そんなときの教職員組合です。そして、困っている方々の相談に乗り、支え合うのが組合です
遠慮なく・お気楽に組合にご相談を。

短時間有期雇用職員の無期転換を!
契約更新にさようなら♪(^0^)/~~
史料編纂所の図書室では、2015年度以前から在籍している全員が無期雇用に転換されています。2015年度以降採用では、有期雇用で採用されたケースも出ていますが、無期転換をめざして引き続き取り組みを進めています。
そこで、有期雇用で東京大学に仕事をゲットしたみなさま、契約内容にご注意ください! 無期転換ができないような条件を付けられるケースがけっこう見られるのです。
東職は無期転換へのステップが踏めるよう、雇用側に是正を求めることができます。団体交渉という手段が組合にはあるのです♪
法律が変わり、2013年度から続けて5年以上働いていれば、2018年4月1日に無期転換への申込権が発生します。そしてよほどのことがない限り、雇用側はそれを拒めません。それで雇用側は契約条件を都合よくいじるのです(3年雇用にするとか、更新なしとか)。このような不当な雇用条件を言われたらすぐに連絡ください。不当な事実が集まれば、交渉の力が増幅され、みなさんを有利にできます。

◎東京大学教職員組合(本郷キャンパス)
E-mail:syokikyoku@tousyoku.org内線27971(月―金)
◎教養学部職員組合(駒場キャンパス)
E-mail:komaba_union@yahoo.co.jp 内線46181(木のみ)

コメントは停止中です。